大きな病院での人材不足


大きな病院では日勤があったり、夜勤があったりするなど、看護師のシフトが不規則になる傾向があります。
また、病院によっては夜中に患者が救急搬送されることも多く、その場合には夜中の休憩時間もなく勤務しなければなりません。
確かに夜勤は日勤に比べて手当がつくので、給与面は良いと思います。
しかし、やはり本来は寝ている時間帯に働くので疲れることは確かです。

そういう事情もあり、病院によっては看護師が人材不足に陥っているところもあります。
そういう忙しい病院では、逆にいえば働き甲斐があるいえるでしょう。
一度経験しておくと、自分がどんな病院に勤務することになっても、多少の忙しさでは不満を持つことがなくなります。

若いときの苦労は買ってでもしろ、といわれますが、看護師の世界でもこれと同じことがいえます。いろいろな病院に勤務することによって、それぞれの病院の良さや大変さを知る。それにより、自分に合った医療と看護を身につけていくことができるのだと思います。

まずは、若いときにこそ多忙な病院に勤務して、そこで看護師としてスキルアップすることを考えるのも一つの方法です。人間は楽な環境に慣れれば大変なことに慣れるには苦労しますし、大変なことは受け付けなくなります。多忙な病院で勤務して、その中でやっていけたら、どんな病院でも看護師として勤める自信にもつながるでしょう。そして、多忙な病院勤務を若いうちに経験することは、看護師として一人前に成長するための近道ともいえます。