産婦人科について


看護師は、今人が足りていない状況になっていますが特に産婦人科では人が特に足りていない診療科です。

産婦人科は、医師のなり手が少なく病院の数自体が減少しています。
分娩を伴うため、24時間ずっと待機する必要があります。生まれた後でも何か異常があった場合は処置をしなければなりません。
そのため、医師・助産師・看護師は交代制で夜勤や日勤を行っています。妊娠・出産・産後ケア・新生児ケアなど産婦人科は、多忙な日々の中を過ごします。
少子高齢化を考えると人手不足は、病院だけの問題にしてはいけないと感じました。

大学病院でも産婦人科は、妊娠期だけの診療も少なくありません。医療業界に中でも産婦人科については病院も人でも不足しており社会問題になっています。
普通分娩、特に疾患が認められない状態であれば、病院でなくても助産院でも出産できます。分娩方法は多彩で、自宅出産も可能なんです。
しかし、その助産院も予約でいっぱいというのが現実だそうです。
いったいどこで誰を頼りにすればいいのかわからなくなりますね。

助産師は、看護師が資格と取得したり、もしくは看護大学において在学中に取得できる資格です。
産婦人科で勤務しながら助産師を目指す看護師も多い。
給与も高く優遇されるくらいですから、人手不足の危機感がとても高いということなんだと思います。

看護師への間口を広げ、医療分野を少しでも充実させていって欲しいと思います。