病院の赤字について


医療は、赤字を出している病院があります。それは、主に地方の病院が多いのではないでしょうか。それは、人口が少なく病院が少ないことがあります。それは、都会では大きな病院があります。もし、難病と言われる病になるとそれは大きな病院でしか治療ができないことがあります。その他にも小さな病院は、あまり施設が整っていない病院が多いことがあります。このように赤字を出している地方の病院は、困っている患者さんを助けたいのはありますが経営上困難なことがあります。それが原因で、病院を閉鎖になることがあります。そして、大きな病院はあまり赤字を出すことなく経営が成り立っています。

大学病院は国からの補助金が支給されます。そして、これらは設備投資にに使われています。そのため、最新の医療技術を学ぶことができます。そのため、最新の医療技術を学ぶためこのように人が集まってきます。さらに画期的な治療が行うことで病気で、困っている患者さんの治療を行うことが出来て、地方では、行うことができない治療を行うことができます。そして、医療業界の崩壊の原因となることにつながると思います。

医師や看護師にも人手不足で、毎日多忙な日々を送っています。通常の仕事の他に研修や勉強会があり、最新の医療を学ぶ必要があるます。医療は、それぞれの病院で経営が違います。経営のやり方で、赤字を出す病院もあれば黒字の病院もあります。経営について国がてこ入れすれば医療保険が上がり病気で悩むと同時に経済面で追われてしまうことになりかねない。経営難だから人を雇えない。人がいないから経営難?よくわからなくなりますね。